外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は31日、寒気と冬型の気圧配置により、日本海側を中心に今週後半にかけて大雪の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。特に2月1日から2日にかけて発達した低気圧も加わり、北陸は24時間で最大100センチの降雪が見込まれるほか、北、東日本を中心に強風の恐れがある。気象庁によると、北日本の上空に氷点下42度以下の寒気が流れ込んでいる。雪下ろし中の転落などによる死者は全国で51人に達した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信