外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は2日、急速に発達する低気圧の影響で、全国的に4日にかけ非常に強い風が吹く上、大雨の恐れがあると警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻にも注意が要るという。2日は、長崎市で1時間に47・5ミリ、高知県南国市で34・5ミリなど西日本各地で12月として観測史上最多雨量を記録。同庁によると、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を進み、3日夜に北海道の西海上に達する見込み。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信