ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

住民帰還へ福島拠点に国際研究

 東京電力福島第1原発事故に対処するため、日本政府が国際原子力機関(IAEA)との共同プロジェクトの拠点を福島県内に設置し、来年1月に除染や廃棄物処理の研究や助言を始めるよう検討していることが20日、分かった。放射性物質による汚染地域復興や避難住民の早期帰還を目指す。日本政府筋が明らかにした。チェルノブイリ原発事故時の調査に関わった研究者らのチームをIAEAが結成し、福島に派遣することなどを想定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。