外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 住生活グループの首脳は5日、プロ野球の横浜ベイスターズの買収に関連し、球団の資産査定を月内に終えた後、買うかどうか判断する考えを示した。東京都内で記者団の質問に答えた。横浜球団を買収する場合、持ち株会社の住生活グループではなく、広告効果などを考慮し、傘下のトステムやINAXといった事業会社が球団の株式を保有する方針を明らかにした。手元に数百億円ある資金の一部を使って買収するという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信