外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省は26日、新潟県佐渡市で放鳥した3歳雄と2歳雌のトキのつがいが、22日時点で卵3個を温めているのを確認したと発表した。18日に卵を温める「抱卵」を開始しており、有精卵で順調にいけば、4月中旬に野生では36年ぶりとなるひなが誕生する。同省によると、通常はしぐさなどから抱卵の開始や継続を判断しており、実際に卵が確認されるのは珍しいという。小型カメラの24時間録画で監視。映像から卵を確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信