外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 佐賀県は18日、有田町の養鶏場の鶏を遺伝子検査した結果、強毒性のH5型高病原性鳥インフルエンザウイルスを確認したと発表した。県は経営者が同じ別の養鶏場(有田町)と合わせた計約7万2900羽を殺処分した。近隣の土地に埋却している。この冬、国内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたのは5例目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信