外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 佐賀大(佐賀市)で実施された大学入試センター試験で、歩行障害のある受験生が本来の試験会場ではない教室に案内され、開始が1時間以上遅れていたことが17日、分かった。受験生は休憩時間を短縮して全ての科目を受けたが、大学側は公表していなかった。佐賀大によると、受験生は佐賀市内の高校に通う女子生徒で、事前に障害者用トイレなどに近い教室で他の受験生と一緒に試験を受けられるよう申請していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信