外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 佐賀県小城市のパチンコ店のトイレで昨年11月、客が置き忘れた財布を盗んだ疑いが持たれている佐賀県警刑事部の50代の男性警視が、財布に入っていたキャッシュカードを使いコンビニの現金自動預払機(ATM)で金を引き出そうとしていたことが10日、県警関係者への取材で分かった。県警関係者によると、パチンコ店近くのコンビニの防犯カメラに、ATMを操作している姿が写っていた。現金は引き出せなかったとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信