外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)の指導中に暴力を振るい、日本協会から無期限登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)が5日、東京都内で開いた謝罪会見で、宮川選手がパワハラを受けたと告発した協会の塚原千恵子女子強化本部長について「実績がある方なので、怖くて意見を言えない現状はある。圧力を感じていた」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信