外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操男子床運動の選手で1960年ローマ五輪金の相原信行氏が16日午後、肺炎のため群馬県高崎市の病院で死去。78歳。同県出身。高崎工高から日体大に進み、56年メルボルン五輪の団体総合と床運動で銀メダル、卒業後にローマ五輪の団体総合と徒手で金メダルを獲得。妻俊子(旧姓白須)さんは64年東京五輪女子団体総合銅、次男豊氏は92年バルセロナ五輪男子団体総合銅で、日本で初めて両親と子が五輪メダリストとなった。

共同通信