外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操の世界選手権(10月・モントリオール)代表選考会を兼ねたNHK杯最終日は21日、東京体育館で男子個人総合が行われ、内村航平(リンガーハット)が合計172・900点をマークして9連覇し、国内外の大会での個人総合で2008年11月の全日本選手権からの連勝記録を40に伸ばした。0・350点差で2位に入った白井健三(日体大)とともに代表に決まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信