外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操の世界選手権(9~10月・ベルギー)代表第2次選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は12日、国立代々木競技場で決勝を行い、男子は既に代表に決まっているロンドン五輪金メダルの内村航平(コナミ)が予選との合計で182・350点をマークし、史上初の6連覇を達成。内村はただ一人、2日連続で90点以上の高得点を出した。女子は17歳の笹田夏実(東京・帝京高)が初優勝し親子全日本制覇となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信