外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と塚原光男副会長(70)が10日までに取材に応じ、夫妻をパワハラで告発した宮川紗江選手(19)の主張の一部を否定した。同選手は2020年東京五輪強化プロジェクト参加を当初拒んだことで「五輪に出られなくなる」などと圧力をかけられたと主張しているが、千恵子氏は「もっと頑張らないと五輪のチームに入れないという意味で、(プロジェクトに)入ってもらおうと思ってやっていた」と語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信