外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操のロンドン五輪予選を兼ねた世界選手権第2日は8日、東京体育館で残り5班による女子予選の後半を行い、鶴見虹子、田中理恵らの日本が合計223・543点で5位となり、上位8チームに与えられる五輪出場権を2大会連続で獲得した。11日の団体総合決勝進出も決めた。予選の上位24人による個人総合決勝には鶴見が11位、田中が19位で進出。同上位8人の種目別決勝は、段違い平行棒に鶴見と寺本明日香が進んだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信