外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「パパのおくりもの」や「老人党宣言」などユーモアと風刺に富んだ著作で知られる作家で精神科医のなだいなだ(本名堀内秀)さんが6日死去していたことが9日、分かった。83歳。東京出身。医師として病院に勤める傍ら、幅広い文筆活動を展開。「海」や「トンネル」などで6回芥川賞候補となったが受賞は逃す。65年のエッセー「パパのおくりもの」で注目を浴び、独自の平和論を展開した「権威と権力」など多くの著書を残した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信