外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 戦後の日本文学を代表する作家の一人で、文明批評にも鋭い洞察力を発揮した文化功労者の安岡章太郎(やすおか・しょうたろう)さんが26日午前2時35分、老衰のため東京都の自宅で死去した。92歳。高知市出身。慶応大学在学中に召集され旧満州へ派遣されたが、胸部疾患で内地送還。53年「陰気な愉しみ」「悪い仲間」で芥川賞受賞。文壇では吉行淳之介さん、遠藤周作さんらとともに「第三の新人」と呼ばれた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信