外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「櫂」や「一絃の琴」「天璋院篤姫」など女性の一代記の第一人者で、女性の視点を生かした歴史小説でも知られる作家の宮尾登美子(みやお・とみこ)さんが昨年12月30日午後9時17分、老衰のため自宅で死去していたことが7日、分かった。88歳。高知市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は次女環(たまき)さん。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信