外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 飲酒運転で摘発された人に医師によるアルコール依存症の診断を義務付け、違反した場合に過料を科すなど罰則も盛り込んだ福岡県の飲酒運転撲滅条例が22日、同県議会で可決、成立した。4月から一部施行され、10月までに罰則を含めた全面施行を目指す。県議会によると、飲酒運転撲滅条例は宮城、山形、大分、沖縄の4県が定めているが、罰則がある条例は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信