外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7月22日の「土用の丑の日」に向け、うなぎの価格がことしも高騰しそうなことが29日、水産庁の調査で分かった。養殖のための稚魚(シラスウナギ)の仕入れ量が昨年より約25%減少し、稚魚の価格が急上昇。外食産業やスーパーの店頭に並ぶうなぎの価格に反映されるのは確実だ。2010年から続く稚魚の不漁により、小売価格はこのところ“うなぎ上り”だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信