外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】来月19日の韓国大統領選に向け、保守与党セヌリ党の前身であるハンナラ党総裁を務めて過去3回大統領選に出馬した保守派の重鎮、李会昌氏(77)が24日、ソウル市内で記者会見し、セヌリ党の朴槿恵候補の支持を表明、保守勢力が一枚岩となった。23日には無所属の安哲秀氏が立候補を取り下げ、革新系野党、民主統合党の文在寅候補支援に回ると表明した。野党候補の一本化に続き、保守陣営も足場を固めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信