外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣府は11日、日本が国内外で保有する核分裂性プルトニウムは2012年末時点で29・5トンで、前年の29・6トンとほぼ変わらなかったと原子力委員会に報告した。12年は大半の原発が停止し、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電での消費が進まなかった。プルトニウムは核兵器に転用できるため、日本は透明性確保のため保有量を毎年公表し、国際原子力機関(IAEA)に報告している。

共同通信