外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 約100年ぶりの修理が進む奈良市の正倉院(国宝)で7日、修理方針を検討する懇談会の有識者らが109カ所を鉄板で補強した屋根裏などを視察した。宮内庁は6日、視察に先立ち、戦後初めて屋根裏内部に報道陣を入れて公開した。中倉に設置された階段から入ると、大正時代に導入されたが不完全だった西洋式の骨組み「トラス構造」を補強するため、木材を大きな黒い鉄板で挟み込み、ボルトで締める様子が見られた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信