外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 在日朝鮮人女性の生涯を一人芝居にした「身世打鈴」で知られる女優の新屋英子(しんや・えいこ、本名鶉野英子=うずの・えいこ)さんが2日午前5時40分、心不全のため大阪府富田林市の病院で死去していたことが、10日分かった。87歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行った。喪主は劇作家の夫鶉野昭彦(うずの・あきひこ)氏。後日、しのぶ会を開く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信