外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国家安全保障局(NSA)のアレグザンダー局長と連邦捜査局(FBI)のジョイス副長官は18日、下院情報特別委員会で、NSAによる通話履歴やインターネット上の個人情報収集の結果、米中枢同時テロ後、20カ国以上でテロにつながる可能性のある事案を50件以上阻止したと証言した。このうち米国の事案では、ニューヨークの証券取引所を狙った爆破テロ計画を探知、阻止したことを新たに明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信