外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省は18日、中央省庁や独立行政法人などの関係機関で2010年度に発生した個人情報の漏えいは2504件だったと発表した。このうちコンピューターウイルスの感染などによるインターネット上への流出は13件。今年に入り、サイバー攻撃も相次いで発覚しており、対策強化が求められそうだ。漏えい件数の最多は、中央省庁では国税庁の303件で、関係機関では郵便貯金・簡易生命保険管理機構の1442件。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信