外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】トランプ米大統領がロシアのラブロフ外相との会談で、連邦捜査局(FBI)のコミー前長官を解任して重圧が和らいだと伝えたとの報道に関し、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は21日放送のABCテレビで、ロシアとの協力が困難な理由を説明する趣旨だったと大統領の発言を擁護した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信