外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 特別手配されていたオウム真理教元幹部の平田信被告(47)を長年かくまい、逃亡を手助けしたとして、犯人蔵匿罪などに問われた元信者斎藤明美被告(49)の判決で、東京地裁(吉村典晃裁判長)は27日、懲役1年2月(求刑懲役2年)を言い渡した。検察側は論告で「長い間、凶悪犯が逮捕されず、社会に大きな不安を与えた」と批判。斎藤被告は起訴内容を認めて謝罪し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信