外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京地検は7日、麻薬成分を含む錠剤「オキシコドン」を国際宅配便で密輸したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕されたトヨタ自動車の元常務役員ジュリー・ハンプ容疑者(55)を、勾留期限の8日に起訴猶予とし、釈放する方針を固めた。

共同通信