外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国の牛海綿状脳症(BSE)対策事業をめぐる牛肉偽装事件で、詐欺罪などに問われた食肉販売会社ハンナンの元会長浅田満被告(75)の差し戻し控訴審で、大阪高裁(森岡安広裁判長)は25日、懲役7年とした一審大阪地裁判決を破棄、証拠隠滅教唆罪は無罪とした上で、懲役6年8月の判決を言い渡した。

共同通信