外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球の東映、日拓(現日本ハム)で投手として活躍し、剛速球を武器に「怪童」と呼ばれた尾崎行雄(おざき・ゆきお)さんが13日、肺がんのため死去した。68歳。大阪・浪商高(現大体大浪商高)で1年夏からエースを務め、3季連続甲子園大会出場を果たした。2年時に夏の甲子園で優勝した後、17歳で高校を中退して東映に入団。1年目の62年に20勝を挙げて球団初のリーグ制覇に貢献し、新人王に輝いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信