外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 合成麻薬MDMAを一緒にのんだ女性の救命を怠った保護責任者遺棄と麻薬取締法違反の罪で懲役2年6月の実刑が確定した元俳優の押尾学元被告(33)が29日、収監手続きのため東京高検に出頭、東京拘置所に収容された。押尾元被告は弁護人を通じ、「判決の内容には納得できず、刑務所に行くのは本意ではない。しかし刑務所に行くことは自分にとって何らかの意味があると思うので、しっかり刑期をつとめたい」とコメント。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信