外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪地検特捜部の証拠改ざん隠蔽事件で、犯人隠避罪に問われた元特捜部長大坪弘道被告(58)と元副部長佐賀元明被告(51)に、大阪地裁は30日、それぞれ懲役1年6月、執行猶予3年(求刑各懲役1年6月)を言い渡した。 岩倉広修裁判長は「データ変造の報告を受けた佐賀元副部長が大坪元部長に報告し故意の改ざんを過失とすり替えた」と述べ、故意の隠ぺいを認定。2人が当時の地検検事正らに虚偽報告したことも認めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信