外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北九州市で昨年、交際していた女性の長男=当時(2)=に暴行して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた元少年(20)の裁判員裁判の判決で、福岡地裁小倉支部は22日、「犯行があったと検察側が主張する時間帯に(死因につながる)十二指腸破裂が起きたと認めるには合理的な疑いが残る」として、無罪(求刑懲役8年)を言い渡した。判決理由で、検察側が主張する時間帯の後に「長男は痛がらずにジュースを飲んだりした」と指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信