外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 平岡秀夫法相は4日午前の記者会見で、厚生労働省の文書偽造事件で元局長村木厚子さんの無罪が確定したことに関し「冤罪には当たらない」との認識を示した。政府は閣議で、事件が冤罪かどうかを問う質問主意書に対し「特定の事件が冤罪か否かについて見解を有していない」とする答弁書を決定した。平岡氏は冤罪の解釈について「無罪である者が有罪の判決を受ける状況」と指摘。村木さんは一審で無罪のため該当しないとした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信