外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】太平洋戦争中に三菱重工業の名古屋市の軍需工場などで働かされた元朝鮮女子勤労挺身隊の韓国人女性らが同社を相手取り、未払い賃金や慰謝料の支払いを求める訴訟を起こすことを決めた。24日に韓国南部の光州地裁に訴状を提出する。原告弁護士が23日、明らかにした。原告は韓国人女性4人と遺族1人。韓国最高裁が5月に、1965年の日韓請求権協定では強制徴用者らの個人の請求権は消滅していないと判断したことを受け、韓国内での提訴を決めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信