外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本ハムなどで監督を務めた大沢啓二(本名昭)氏が7日午前、胆のうがんで死去した。78歳。立大から56年に南海に入団。59年には外野手として日本一に輝いた。76年から日ハムの指揮を執り、81年にリーグ優勝を果たした。面倒見がよく“親分”の愛称で選手から慕われた。日曜朝のTV番組で「ご意見番」を務めプレーなどに“喝”を入れて人気を集めた。最近は体調を崩していた。タレントの大沢あかねさんは孫。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信