外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 受刑中に警察の支援を受け、2009~11年の3年間に暴力団を脱退した元組員1254人のうち、2割弱に当たる222人が暴力団に戻っていたことが18日、警察庁の調査で分かった。理由は不明だが、不景気で就職が困難になっていることや、元組員の就労意欲が低いことも背景にあるとみられる。警察庁は仮釈放、仮出所した元組員の社会復帰を促すため、保護観察所との連携を強化する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信