外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 旧厚生省で生物製剤課長を務め、輸入非加熱血液製剤の安全性などについて検討するエイズ研究班を設置した元東大医学部教授の郡司篤晃(ぐんじ・あつあき)氏が17日、直腸がんのため死去した。78歳。水戸市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻寿子(ひさこ)さん。

共同通信