外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 津波対策を怠り、福島第1原発事故を防げなかったとして、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(77)ら3被告の初公判が30日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。勝俣元会長は「重大な事故を起こし、おわびします」と謝罪した上で「事故を予見するのは不可能だった」と無罪を主張した。他の武黒一郎元副社長(71)と武藤栄元副社長(67)も起訴内容を否定した。

共同通信