外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 19日に72歳で死去した大相撲の元横綱大鵬、納谷幸喜さんの葬儀・告別式が31日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、角界関係者や一般ファンを合わせた約1500人の参列者が、史上最多32度の優勝を誇った大横綱に最後の別れを告げた。納谷さんを「角界の父」と慕った横綱白鵬関は弔辞で、自分のしこ名が大鵬に由来していることにも触れ「悲しくて仕方ありません。厳しい言葉を(もっと)直接いただきたかった」と悼んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信