外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】太平洋戦争末期、広島周辺で撃墜され捕虜になった米軍爆撃機の機長で、原爆の犠牲になった同僚米兵を慰霊するため戦後に広島入りし、平和や核廃絶を訴えたトーマス・カートライト氏が11日、米西部ユタ州の自宅で死去した。90歳。親族が14日、明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信