外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 元厚生次官ら連続殺傷事件で殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職小泉毅被告(47)の初公判は、さいたま地裁で26日午後も続き、検察側は冒頭陳述で、小泉被告が「厚生次官を『マモノ』と称して経験者の殺害を正当化した」と指摘。元防衛次官の妻の関与が指摘された汚職事件を機に、家族も殺害対象とすることを決めたとも述べた。弁護側は「当初から家族らの殺害を計画していたわけではない」と主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信