外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日したキャンベル前米国務次官補は2日、沖縄県・尖閣諸島をめぐり、日中間で不測の事態が起こることを避けるため、冷静に対処するよう双方に強く求めた。日中の「ハイレベル対話」も促し、安倍晋三首相と習近平国家主席の首脳会談に期待を示した。歴史認識をめぐる対立から、首脳が会談していない日韓の関係改善も求めた。3日の日米両政府の外交・防衛担当閣僚による2プラス2を前に東京で講演し、質疑に答えた。(共同)

共同通信