外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン、モスクワ共同】米国務省のサキ報道官は2日の記者会見で、モスクワの空港にとどまっているとみられる米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者が亡命や亡命支援を申請した各国に対して、受け入れないよう外交ルートを通じて求めていることを明らかにした。米当局がスパイ活動取締法違反容疑などで訴追した元職員について、米国に送還されるべきだと重ねて強調した。

共同通信