外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲の八百長問題で日本相撲協会を解雇された元幕内蒼国来の恩和図布新氏(29)=中国出身=が力士としての地位確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁の古久保正人裁判長は25日、問題となった取組で八百長があったとは認めず、解雇は無効と判断した。協会の特別調査委員会は、八百長の仲介役だった元幕下恵那司と元竹縄親方(元幕内春日錦)の供述に基づき、恩和図布新氏が2010年夏場所で八百長をしたと認定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信