外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国による広島、長崎への原爆投下を国際法違反とした1963年の「原爆裁判」東京地裁判決の草稿を書いた元裁判官高桑昭氏(79)=東京都=が、17日までに共同通信の取材に応じ「国家機関の裁判所の判断となれば、政治的、国際的な反響は大きいと考え、判決を出すには腹を決める必要があった」と当時の心境を述懐した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信