外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 胸などをたたいて気合を入れる独特のしぐさや、懸命な土俵態度で“角界のロボコップ”と呼ばれた大相撲の元小結高見盛の振分親方(37)の引退、年寄「振分」襲名披露大相撲が6日開かれた。断髪式で約380人がはさみを入れ最後は入門時の師匠だった渡辺大五郎氏(元関脇高見山)が大銀杏を切り落とした。振分親方は最後の稽古として、青色の締め込み姿で少年たちに胸を出した。人気を呼んだ気合注入も披露し大歓声を浴びた。

共同通信