外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのメディアによると、連邦移民局は24日、米情報機関による個人情報収集活動を暴露し、6月からモスクワの空港の乗り継ぎ区域にいる米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者(30)に対し、ロシア滞在の許可証を発行した。元職員を支援する弁護士は国営テレビでこれを否定、当面は同区域にとどまるとの見通しを示し、情報が混乱した。

共同通信