外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】1991年のソ連保守派によるクーデター未遂事件直後にソ連国家保安委員会(KGB)議長代行を一時的に務めたレオニード・シェバルシン氏(77)が30日、モスクワ市内の自宅で死亡しているのが見つかった。タス通信などが伝えた。遺体の近くで同氏所有の拳銃や遺書が見つかり、捜査当局は自殺とみている。動機は不明。1935年3月モスクワ生まれ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信