外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コペンハーゲン共同】クリントン米国務長官は17日、気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の会場で記者会見し、発展途上国の温暖化対策のため、他国と協力して年間の拠出額が1千億ドル規模に達する支援の仕組みを、20年までに構築する考えを表明した。温室効果ガスの大幅な削減につながる13年以降の温暖化対策の国際枠組みを構築するため発展途上国の協力を得るのが目的。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信